済生会 春日診療所について

ホールボディカウンターについてホールボディカウンターについて

  現在、原発事故の長期化により放射線健康被害の不安が増しており、特に食事や空気などから体の内部が被ばくする、内部被ばくへの関心が高まっています。
 そのため、当診療所では川俣町からの委託を受け、ホールボディカウンターにより内部被ばくの線量を測定することで、不安解消と将来にわたる健康管理を行うために検査をしております。

ホールボディカウンターとは

 人間の体内に摂取されたセシウム134、セシウム137の量を体外から測定する装置です。

検査の概要

 手洗いをしてから検査着に着替えていただきます。
 測定前に体の表面に放射線物質が付着していないか、サーベイメータで測定します。
 その後ホールボディカウンターの中に2分ほど立っていただき、体内に摂取された放射性物質の量を計測いたします。
(2分間の立位を保てない方は、測定できませんのでご了承ください。) 


検査の申し込み

 川俣町住民の皆さんの検査を実施しております。

 川俣町保健センターより配布されました「内部被ばく検査カレンダー」を確認の上、検査予約電話番号(566-2673)へ検査の申し込みを行ってください。

 検査当日は「内部被ばく検査受検票」に必要事項を記載し、本人確認のため保険証、免許証等と一緒に持参して下さい。

 
 また、除染等電離放射線健康診断については下記をご覧下さい。

除染等電離放射線健康診断について